珪藻土を使っている家

メンテナンスが比較的簡単

珪藻土という天然素材は、壁に使われます。
珪藻土と聞くとザラザラしているイメージを持っている人が多いですが、家の壁に使われるものはそうではなく、平らでツルツルしている部分が特徴です。
そして壁に珪藻土を使うメリットは、汚れても簡単に落とせるという部分でしょう。

消しゴムで擦れば汚れがすぐに落ちるので、自宅に用意してください。
この時は特別な消しゴムは必要なく、鉛筆で書いた文字を消したい時に使う、普通の消しゴムで構いません。
ホコリがついて壁が汚れている時は、ホウキやハタキを使って落としましょう。
わざわざ雑巾を取り出す必要はなく、手軽にメンテナンスができますね。
メンテナンスしやすいよう、近くにホウキやハタキを置くのがおすすめです。

業者を呼ばなくて良い

傷ができたりヒビ割れが見つかったりした時は、自分で対処できます。
業者を呼ばなくて良いので楽ですし、費用を削減できる部分がメリットです。
いざという時のために、そのような時の対処方法を学びましょう。

まず傷の部分に、霧吹きで水を吹きかけてください。
それからヘラやブラシを使って、傷の中に珪藻土の粉を塗り込みます。
すると時間が経って乾いた時に、傷やヒビ割れがなかったかのように元の綺麗な状態に戻ります。
特別な技術や道具は必要なく、誰でも簡単にメンテナンスができますね。
天然素材と聞くだけで、メンテナンスが面倒で難しいものだと感じる人がいますが、珪藻土のように簡単なメンテナンスで済ませられる素材もあると覚えておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る