綺麗な状態を維持していくために

ワックスでツヤを出そう

実は無垢材の中でも、種類がたくさんあります。
しかしどのような種類でも、基本的なメンテナンス変わらないので安心してください。
まず覚えておきたいのは、無垢材は水に弱いということです。
そのため水拭きをすると、綺麗にしたつもりが素材を弱らせてしまうので気を付けてください。
掃除をする際は、乾いた雑巾で拭く程度に留めておきましょう。
また食べ物や飲み物をこぼさないように、注意することも必要です。

ワックスを塗ることでフローリングにツヤが出て綺麗に見えますし、傷や汚れをつきにくくする効果が生まれます。
その場合はワックスも、自然由来のものを選択しましょう。
ワックスを塗るのは1年に1回だけでも、十分効果を発揮できます。

傷も1つの味になる

仮に無垢材に傷がついた場合でも、簡単な掃除をすれば綺麗に見えるので安心してください。
ここが一般的に使われることが多い、合板フローリングとの違いだと覚えておきましょう。
無垢材は傷がついて表面が削れたとしても、時間が経過すれば新しい木目が出てくる面が特徴です。
ですから、見た目に影響が出ることはありません。

さらに多少の傷がついても年季があるものに感じ、天然素材住宅ならではの味になります。
傷がついても大げさにしないで、しばらく様子を見守りましょう。
人によっては綺麗な無垢材よりも、使い込まれて多少傷がついている無垢材の方が好みだと感じるかもしれません。
長い年月をかけて、天然素材の家を育てていくイメージを持ちましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る